晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

香川-小豆島

【瀬戸内国際芸術祭2016】小豆島(夏会期)土庄本町&土庄港エリア

瀬戸芸小豆島編の続きです。前回の記事はこちらをどうぞ。 www.harenokunikara.net 目次 土庄本町エリア 世界一狭い!土渕海峡周辺 路地が入り組む迷路のまち 土庄港 土庄本町エリア このエリアは島の中心地で、いちばん栄えているところ。スーパーやレスト…

【瀬戸内国際芸術祭2016】小豆島(夏会期)草壁港&池田港エリア

今年は3年に一度の瀬戸内芸術祭が開催され、島巡りを堪能した一年でした。春の沙弥島に始まり、犬島・直島・豊島・男木島・女木島・小豆島・本島・高見島とまわった島は全部で9つ。 小豆島のアート作品のことをまだ書いていなかったので、芸術祭は終わって…

古い佃煮工場をおしゃれな店舗に。小豆島で唯一の酒蔵「森國酒造」オリジナル手ぬぐい

瀬戸芸もいよいよ今週末まで。最後は1泊2日で小豆島へ行ってきました。今回島で見つけた手ぬぐいは、酒蔵オリジナルのもの。カフェやベーカリーも併設しているとても素敵なお店です。 写真の右の方にMのロゴがついた手ぬぐいでお酒の瓶がラッピングしてある…

小豆島にまつわる悲恋の物語。樋口毅宏『二十五の瞳』

樋口毅宏さんの『二十五の瞳』を読みました。この本は、正直なところ自分では選ばないだろうな、という作品。彼が樋口さんのファンで、文庫で新刊が出る度に買ってきて勧められます。 二十五の瞳 [ 樋口毅宏 ] 樋口さんの作品は、読めば物語に引き込まれるし…