晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

日本最古の木造校舎とベンガラの赤い町並み。吹屋ふるさと村散策(高梁市成羽町)

岡山日帰りドライブ旅。

今回は、高梁市成羽町にある吹屋ふるさと村を紹介します。

fukiya-furusato-village

 

目次

 

ベンガラ色の町並みを歩く

吹屋地区は銅山の町として栄え、江戸時代から明治にかけて銅やベンガラの生産で繁栄しました。赤いベンガラ色の町並みが特徴的です。

 

和味の宿 ラ・フォーレ吹屋 ベンガラの町より

ベンガラ(弁柄)とは銅山から産出される硫化鉄鉱を原料とした赤色の着色材のことで、吹屋のベンガラは伊万里焼や九谷焼などの陶器、輪島塗などの漆器などの塗料として、高級品として高価で流通しました。

防虫防腐、防錆効果を持つ事から建築の材料にも用いられたベンガラは、吹屋の町の建物にも使用され、町全体がベンガラの赤一色に染まっています。

 

平成24年度 都市景観大賞(都市空間部門)「大賞」を受賞した、美しい町並み。パンフレットなどで写真を見て、ぜひ訪れたいと思っていた場所でした。

 

吹屋の特異な点は、個々の屋敷が豪華さを纏うのではなく、旦那衆が相談の上で石州(今の島根県)から宮大工の棟梁たちを招いて、町全体が統一されたコンセプトの下に建てられたという当時としては驚くべき先進的な思想にあります。

takahasikanko.or.jp

 

dog1

通りを歩き始めてすぐ出会ったワンコ。 

歴史を感じるお店の看板。 

salt-store

 

郵便局もベンガラ色です。

post-office

ここで記念切手を購入したのですが、局員さんがお話し好きで大変気さくな方でした。観光客を受け入れてくれる雰囲気があるのは嬉しいですね。

 

醬油屋さんで二匹めのワンコに遭遇。お店の看板犬です。

dog

soy-sauce-store

 

お土産屋さん。ベンガラで染めた雑貨がたくさん置いてありました。

souvenir-shop

 

しばらく進むと神社を発見。

yama-shrine

銅山の神様を祀っている山神社。小高い場所にあるため、吹屋の町並みを一望できます。

tamagaki-mitsubishi

吹屋の吉岡銅山は明治6年に岩崎彌太郎に買収され、近代的な技術を導入、地下水脈を制して日本三大銅山に発展しました。写真は、三菱が寄贈した玉垣です。

 

かつての繁栄を偲ばせる旧片山家住宅

続いて、重要文化財である旧片山家住宅を見学。

片山家は、宝暦9年(1759)の創業以来、200年余りにわたって吹屋弁柄の製造・販売を手がけた老舗です。その家屋は、弁柄屋としての店構えを残す主屋とともに弁柄製造にかかわる付属室が立ち並ぶ「近代弁柄商家の典型」として高く評価され、平成18年12月、国の重要文化財に指定されました。

(観光パンフレットより)

 

まずは主屋から。

katayama-house

春先だったので立派な雛人形が置いてありました。

hina-ningyo

仏間の装飾や欄間も凝ったつくりになっています。

ranma

広いお座敷。

hiroma

chabudai

window

主屋を出ると、ベンガラ製造が行われていた付属屋へと続きます。

fuzokuya

当時の作業の様子。

workshop

なまこ壁もベンガラ色に染まっています。

namakokabe-bengara

dogugura

製造工程に分かれた大きな蔵がいくつもあり、二階の壁にもなまこ壁が見られます。 

namakokabe-kura

パンフレットに載っていた昔のポスターから、敷地の広大さが伝わってきます。

poster

 

旧吹屋小学校

最後は、日本最古の木造校舎。旧吹屋小学校です。

fukiya-elementary-school

schoolyard

school-gate

2012年3月末に廃校になるまで、現役の木造校舎として使われていました。残念ながら、先月から改修工事のため見学ができなくなりますが、工事期間中の特別公開が予定されているようです。

旧吹屋小学校(岡山県指定重要文化財)の保存修理について - 高梁市公式ホームページ

 

カフェレストシャトーでスイーツ休憩

旅の〆は、高梁駅近くのカフェレストシャトーさんでパンケーキを。巨大なバケツパフェで有名なお店だそうです。

cafe-rest-chateau

カフェ・レスト・シャトー (CAFE REST CHATEAU) - 備中高梁/カフェ [食べログ] 

 

吹屋ふるさと村への行き方

車でのアクセスがおすすめ

吹屋ふるさと村は標高500mの山合にあり、最寄り駅からは1時間程かかるため車でのアクセスが便利。道幅もあまり広くない山道が続くので、高梁駅周辺や成羽町の観光案内所で道順をよく聞いてから行くと安心です。(ナビだと細い旧道を設定されたりも。)

ラフォーレ吹屋さんのホームページの案内を参考に載せておきます。

和味の宿 ラ・フォーレ吹屋 車でお越しのお客様
 

公共交通機関を利用するなら

岡山から伯備線に乗り、高梁駅で下車。(特急約35分、普通列車約50分)
高梁駅から吹屋ふるさと村へはバスが出ていますが、一日に3~4本と本数は少ないです。

ローカル|高速|ツアー|貸切|備北バスWebSite
※左側メニューの「路線バス時刻表」を選択、「南部地区時刻表」をクリック、下の方にある「高梁バスセンター~吹屋」の路線を利用。
(◎は土日のみ、▲は平日のみの運行)

また、期間限定ですがレトロなボンネットバスがあるので、タイミングが合えばこちらもおすすめ。

吹屋ふるさと村・巡回ボンネットバス

 

 

遠方からなら高梁駅近辺で宿泊、高梁の城下町散策や、現存12天守の一つである備中松山城を候補に入れても。

高梁は寅さんで有名な映画「男はつらいよ」のロケ地にもなっています。48作のうち、全国で唯一2回登場しているそうです。ロケ地を巡ってみるのもいいかもしれませんね。

備中高梁観光案内所−【高梁・倉敷・蒜山など岡山全域の観光スポットを紹介】

 

日本の町並み250――重要伝統的建造物群保存地区をすべて収録

日本の町並み250――重要伝統的建造物群保存地区をすべて収録

  • 作者: ウエスト・パブリッシング
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る