読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

「猫達」を見に猪熊弦一郎現代美術館へ

日帰り四国旅、猪熊弦一郎現代美術館(通称MIMOCA)へ行ったときのことを。

目的は、猪熊弦一郎展「猫達」。展示は9/27までやっています。

猫好きにはたまらない内容!

 

猪熊弦一郎(1902-93)が好んで描いたモチーフのひとつに猫があります。夫婦ともに猫好きだった猪熊家では、一度に一ダースの猫を飼っていたこともあるようで、たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、猪熊は、画家の目で猫をとらえるようになりました。彼が描いた猫の姿は、写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩画と実にさまざまで、画家が猫の魅力を存分に享受し、創作に挑戦した様子がうかがえます。本展では、猪熊が描いた猫の絵を、作風や技法、他のモチーフとの組合せなど複数の視点からご紹介いたします。モチーフとしての猫に対する客観的な視点と、友としての猫に対する敬愛の念が呼応した、猪熊ならではのユニークな「猫達」をご堪能ください。

(美術館ホームページより)

猪熊弦一郎展 猫達|企画展|MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

 

以前の記事でも書いていましたが、岡山から四国はとても近い。

www.harenokunikara.net

 

美術館のある香川県丸亀市までは車、電車ともに1時間ちょっと。

今回は車で向かうことに。

 

まずは瀬戸大橋!海を渡ります。

seto-ohashi1

途中のサービスエリアからの景色。晴れた日は本当に気持ちいい。

seto-ohashi2

 

美術館は丸亀駅からすぐのところにあり、地下の駐車場から上がるとすぐに入口が。

mimoca1

展示の案内。ゆるい猫の絵にテンションが上がります。

mimoca2

いくつかオブジェも。

mimoca3

mimoca4

チケット売り場から入ったところ。とてもおしゃれ。

entrance

そして、いよいよ展示室へ。

nekotachi

この美術館、なんと撮影OKなのです。太っ腹。

チケットも企画・常設両方が見られて、950円。

 

明るく広い展示室。週末なのに人も少なくてゆっくりと見られました。

gallery1

gallery2

gallery3

自転車と女の子の絵が気に入ったのだけど、ポストカードが売ってなくて残念。

どこかにないかな。

gallery4

こちらは常設展 。

gallery5

 

そしてもうひとつの企画展。

マルティーノ・ガンパー「100日で100脚の椅子」

イタリア出身、ロンドン在住のアーティスト。ロンドンの路地や友人の家から使われなくなった椅子を集めて組み立て直し、1日1脚、100日で100脚の椅子を製作。99脚の椅子は世界各地を巡回し、100脚めの椅子はそれぞれの場所で新たに製作されてきたそうです。今回も丸亀の椅子を使って、100脚めが作られているとのこと。

 

どれも個性的。
到底座れなさそうな椅子もいくつか(^^;

chairs

 

開放感があり、建物を眺めるのも楽しい。

mimoca5

併設のカフェ、MIMOCA。

企画展ごとに入れ替わる限定スイーツもあるそうです。

cafe-mimoca

 

チケット売り場でもらったチラシ。猫の形になってます(^^)

数種類の中から選べます。 

fliers

今回の戦利品。

postcards

 

ちなみに最終日27日には猫好きでも知られる作家、町田康さんのトークショーがあり、もう一度訪れる予定です。

クロージング・トーク「猫をえがく」|イベント|MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

 

町田さんの猫にまつわるエッセイ「猫にかまけて」はとても笑えるし、泣けます。

外出先で読むのは危険なので、ご注意を(笑)

 

ねこたち (猪熊弦一郎猫画集)

ねこたち (猪熊弦一郎猫画集)