晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

雨の季節こそ訪れたい。紫陽花(あじさい)を見に吉備津神社へ

前回の更新からずいぶん経ってしまいました。

岡山おでかけシリーズ。雨の季節、たくさんの紫陽花が見られる吉備津神社へ行ってきました。


北側の参道からお参りするのが一般的だと思いますが、今回は南側のお釜殿から。というのも、このお釜殿の見学は午後3時まで。到着したのが2時半過ぎとぎりぎりだったため、まずはこちらを見ておこうということで。

okamaden1

okamaden2


吉備津神社参拝はもう3回めなのですが、初めて行ったときはお釜殿には立ち寄らず。というか、そもそもお釜殿のことを知らなかったのでした(;^ω^)Facebookに写真をアップした後、友人から雨月物語に出てくる「吉備津の釜」が見たいとコメントをもらい、そんなものがあったのか!と。

そして2回め、残念ながら扉が閉まっていて中を見られず。見学の時間が決まっていることをここでようやく知り(笑)

ようやく今回、念願の拝観リベンジとなったわけです。写真撮影はできないため、中の様子はこちらのページで。
吉備津神社

鳴釜神事という、お釜の鳴る音によって吉凶禍福を占う神事がこのお釜殿で行われます。以前の記事で紹介した吉備津彦神社と同じく、こちらにも桃太郎の鬼退治(温羅(うら)退治)の話が伝わっています。

 

www.harenokunikara.net

 

御祭神である吉備津彦命が温羅を退治し、その首を釜の下に埋めたのですが、温羅の唸り声が鳴りやまず、困り果てていたところ、夢枕に温羅の霊が現れ、釜の火を焚き吉凶を占うようお告げをしました。そしてその通りにしたところ声が治まったというのが、この鳴釜神事の起源とされています。


お釜殿へと続く回廊。

kairo1

吉備津神社といえばこの立派な回廊の方が有名だと思います。 

kairo2

 

あいにくの雨模様でしたが、ちょうど紫陽花の咲く季節。雨には紫陽花がよく似合います。

1500株近くもの紫陽花が植えられているそうです。見頃はもう過ぎていましたが、目の前に広がる色とりどりの花を十分楽しめました。
(2015.7.4訪問) 

ajisai1

ajisai2

ajisai3

雨露に濡れた紫陽花はとても風情があります。 

ajisai4

ajisai5

ajisai6


紫陽花の道を抜けると、学問、芸能の神様をお祭りしている一童社。おみくじを結んでおくところが「合格」になってます(^^) 

gokaku-omikuji

本殿と拝殿は国宝です。この建築様式は「比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)」といい、全国唯一の様式から「吉備津造」とも称されるそうです。 

kibitsu-zukuri

 

こちらは桃太郎が描かれたおみくじ販売機。可愛らしいヌシカンさんを発見(笑)

omikuji-cat

この落ち着きっぷり。まさに神の如し。

以前も別の猫を見かけ、膝に乗ってきてとても人懐こかったです。きっと神社の人たちに大事にされているのですね。

吉備津神社のブログでは、季節ごとの写真も見られますよ。

kibitsu.blog134.fc2.com

 

 

 

改訂版 雨月物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

改訂版 雨月物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)