読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

中華料理と岡山食材のコラボ!黄ニラとエノキの炒め物

暮らし

日曜日は友人親子と一緒に中華料理教室の講師をさせてもらいました。岡山市南区灘崎のインターナショナル交流会行事として、水餃子と中華のおかずを2品、参加者の皆さんと一緒に作ることに。友人のお母さんがおかずや餡の作り方を、私は餃子の皮の作り方をレクチャーしました。

写真は試作のときのものですが、本番でも皆さんに楽しんでいただけ、おいしく作ることができ一安心。

中でも岡山県産黄ニラを使った炒め物は、簡単に作れて黄ニラの風味をしっかり味わえるのでおすすめです。今回はそのレシピを紹介しますね。

黄ニラとは? 

まずは黄ニラについて少し説明したいと思います。県外の方にはあまり馴染みがないかもしれません。岡山県は黄ニラの生産量が日本一。全国の生産量の約7割を占めています。黄色い淡い色と優しい香りが特徴で、おひたしやお味噌汁の具など、シンプルな味付けにもよく合います。

www.okabiru-ichiba.com


緑色のニラと黄ニラは元々同じ品種。全く光を当てずに栽培すると、光合成をせず緑の色素が増えないため、葉が黄色い黄ニラができます。本来植物は光合成ができないと生長できないもの。黄ニラを育てるためには、2年間は緑のニラとして畑で育てます。そうして養分をたっぷり蓄えた根に黒いシートをかければ、光合成をしなくても根の養分だけで黄色いニラが育っていくそうです。

黄ニラは緑のニラの何倍も手間と時間がかかるため、高級食材として知られています。価格は関東で一束(約50g)500円もしたりしますが、岡山では150円~350円ぐらいが相場です。

黄ニラの栽培が盛んなのは岡山市赤磐市美咲町など。県北の寒い冬は露地栽培に向かないため、美咲町の柵原地区では、11月から3月までの冬場は旧柵原鉱山の坑道を利用したユニークな栽培を行っています。坑道内の気温湿度は年間を通じて安定していて、暗闇状態に保たれているので、黄ニラの栽培に適しているそうです。鉱山跡が農業に利用されるなんて面白いですね。

黄ニラの旬は2月。2月12日は「にっこり いいニラ 黄にら記念日」らしいですよ(*´∀`)

 

参考サイト:

で〜れえェ!!!黄ニラ大使
ザ!鉄腕!DASH!!
黄金の束、岡山ブランド黄ニラの魅力に迫る|JAだより詳細|農業ポータルおかやま 

 

黄ニラとエノキの炒め物のレシピ

 

材料(3人分)

  • 黄ニラ・・・3束
  • サラダ油・・・お玉2杯
  • エノキ・・・2束
  • 片栗粉・・・大さじ3
  • ニンニク・・・1/2個
  • ウェイパー(中華だしの素)・・・大さじ1強
  • 水・・・適量

 

作り方

  1. 黄ニラは5㎝ぐらいに切り、エノキは下の方を切り落とす。 
  2. ニンニクは薄く輪切りにする。大きいものは縦半分に切ってからスライスする。
  3. 片栗粉を水で溶き、全体量が1カップになるようにする。 
  4. 中華鍋を強火で熱しサラダ油を入れる。熱くなったらエノキを炒める。 
  5. エノキがしんなりしたら黄ニラを入れる。ニンニクを入れよく炒める。 
  6. 水1カップ(200㏄)を鍋のまわりから入れる。 
  7. ウェイパーをスープで溶かして入れる。味を見て水を適量足す。 
  8. 水溶き片栗粉を手で混ぜ、鍋のまわりから入れる。かき混ぜてから味を見て水を適量足す。 

 

黄ニラはネットでも購入することができます。岡山県外の方もぜひお家で挑戦してみてくださいね!

 

 

ウー・ウェンの小麦粉料理 餃子 春巻 焼売

ウー・ウェンの小麦粉料理 餃子 春巻 焼売

 

 

 

お家でできる簡単料理を紹介!

harenokunikara.hatenablog.com 

harenokunikara.hatenablog.com

 

国際交流イベントや本格中国火鍋。こちらの記事もおすすめです!

harenokunikara.hatenablog.com

harenokunikara.hatenablog.com