晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

はだか祭りで有名な西大寺へ。看板建築の残る「五福通り」を歩いてきました

日帰り岡山旅。今回は岡山市東区にある西大寺を紹介します。

saidaiji

 

目次

 

はだか祭りが行われる西大寺境内

西大寺といえば、毎年2月に行われるはだか祭りが有名です。
はだか祭りは西大寺会陽(えよう)とも呼ばれ、本堂御福窓から住職が投下する2本の宝木(しんぎ)をめぐって、裸の集団による激しい争奪戦が繰り広げられます。この宝木を取った者は、福男と呼ばれ、福が得られると言われています。会陽の夜には花火が打ち上げられ、あと祭りも約2週間に渡り開かれるそうです。

 

正式名称は「金陵山(きんりょうざん)西大寺」といい、高野山真言宗別格本山で、本尊は千手観音です。
梵鐘(国指定重要文化財)や三重塔(岡山県指定重要文化財)、金陵山古本縁起(岡山県指定重要文化財)など、種々の重要文化財があります。
また、毎年2月の第3土曜日の夜に境内で行われる はだか祭り(西大寺会陽)は、日本三大奇祭として全国に有名です。

西大寺観音院(はだか祭り)|岡山市|区役所情報|東区役所


お祭りの様子はこちらのサイトが参考になります。

西大寺会陽に参加!1万人が2本の宝木を争奪!: 岡山県観光連盟スタッフブログ-おかやま旅日記

ダイドー祭りドットコム2016 | これまで応援した祭り | 2014年の西大寺会陽


いくつか体験談を読みましたが、参加はまさに命がけ!近年は外国人グループや芸能人が参加していたり、警察・消防による万全な救急体制も整えられていたりしますが、やはり争奪戦の中に入るには相当の勇気と覚悟が必要なようです(;^ω^)


まずはお寺の境内を散策。
延宝6年(1678)建立で寺内最古の建造物である三重塔には、大日如来が安置されています。

sanjunoto


本堂に飾られているのは、狩野永朝が描いた会陽の絵馬。

kano-eicho

会陽橋からの眺め。境内そばには吉井川へと注ぐ新堀川が流れています。
この辺りは高瀬舟の水運で栄えました。

eyo-bashi

 

仁王門。 

niomon

kyozo

六角形の白い建物は経蔵で、中には輪蔵(りんぞう)という八角形の回転式書架が入っています。外が六角形、中は八角形という造りは珍しいそう。

書架を回すと全経典を読誦したのと同等のご利益が得られるといいます。

rinzo

チベット仏教のマニ車みたい。 

 

映画のロケ地にもなった「五福通り」の町並み

仁王門を出て、門前町へ。昔ながらの駄菓子屋さん。

dagashiya

大通りを渡って古い町並みを歩きます。

street

machinami1

町には水路が張り巡らされていて、たくさんの橋が架かっていました。

canal

ちらっと覗く猫さん。

cat

視力検査の看板が渋い。

kanban

懐かしい雰囲気の街灯。

light

 

「五福通り」と呼ばれる、昭和の面影が残る通り。映画『ALWAYS三丁目の夕日』や『魔女の宅急便』の実写版、また岡山出身の作家重松清原作のNHKドラマ『とんび』のロケ地になっています。

五福通りの「五福」とは、人生の五種の幸福、すなわち、寿(寿命の長いこと)、富(財力の豊かなこと)、康寧(無病なこと)、好徳(徳を好むこと)、終年(天命をもって終わること)で、はだかまつりで裸衆が奪い合う宝木(しんぎ)は、この五福を授ける意味で与えられたことから、この通りが五福通りと呼ばれるようになったといわれています。

西大寺地区 - 岡山県観光総合サイト おかやま旅ネット|岡山県観光連盟

 

gofukudori1

この通りには看板建築と呼ばれる珍しい建築様式が残っています。
看板のような平坦な壁を利用して自由なデザインが試みられたことから、看板建築と命名されました。外観は洋風に見えますが、中に入るとたたきの奥に茶の間があるような日本の伝統的な間取りになっています。 

kazaguruma

ところどころに置かれたカラフルな風車が目を引きます。

gofukuza

 

現代風のおしゃれな建物も。洋食レストランか何かかなと思っていたら、「五福うさぎ」という団子やさんだそうです。岡山の情報番組『金バク』で紹介されていました。

五福うさぎ - 西大寺(和菓子)[食べログ]

building

gofukudori2

 

よく見ると細い路地にも水路が。

small-canal

看板建築の自転車屋さん。

bicycle-shop

歴史を感じる油店の看板。

oil-dealer


表の部分だけが洋風。典型的な看板建築です。

kanban-kenchiku

 

小さな橋と水路が日常の風景に

道路脇に流れる水路は西川。
鴨越用水とも呼ばれ、江戸時代に灌漑用水として作られました。

鴨越用水

西川

こんな細い橋も。

small-bridge

 

郡上八幡や近江八幡の水路のある町並みとはまた印象が違い、こちらの方が生活感が溢れていて庶民的な感じです。 

machinami2

 

カフェ「碧い森」

散策を終えて、カフェで休憩。碧い森さんでコーヒーとワッフルをいただきました。 コーヒーはポットで提供されます。

coffee


店内は間接照明が心地よく、木製のカウンターやテーブルなど内装もシンプルで統一感があり、落ち着いた雰囲気でした。

aoimori

 

アクセス

西大寺観音院へは、JR岡山駅から赤穂線西大寺駅下車(約18分)徒歩10分。
バスの場合は、岡山駅バスターミナルから両備バスで西大寺バスセンター下車(約30分)徒歩10分です。 

 

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]

 

 

とんび DVD-BOX

とんび DVD-BOX