読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

古い佃煮工場をおしゃれな店舗に。小豆島で唯一の酒蔵「森國酒造」オリジナル手ぬぐい

瀬戸芸もいよいよ今週末まで。最後は1泊2日で小豆島へ行ってきました。

今回島で見つけた手ぬぐいは、酒蔵オリジナルのもの。カフェやベーカリーも併設しているとても素敵なお店です。

写真の右の方にMのロゴがついた手ぬぐいでお酒の瓶がラッピングしてあるのがわかるでしょうか。醤油蔵や佃煮屋が軒を連ねる「醤の郷」エリアにある森國酒造さん。築70年の佃煮工場を改装した店内は、木のぬくもりを感じる落ち着いた空間です。

 

入口の暖簾をモチーフにした柄になっています。梅の花や色使いがかわいい。

 
お店の前の広い庭にミニ棚田を作って、稲刈り体験イベントを行ったりもされています。
ミニ棚田稲刈り・脱穀体験イベント! | 森國酒造 小豆島で唯一の酒造

入口を入って右側と2階にギャラリー&ショップが、左側にカフェのテーブル席、奥にはバーにもなるカウンター席があります。

ランチの「まかない飯」が人気ですが、この日は小豆島のお醤油を使った「ひしお丼」が食べたかったので、こちらではショップのみ利用させてもらいました。

隣にあるベーカリーでは酒米米粉で作ったパンが買えます。


森國酒造さんは小豆島で唯一の酒蔵。寒霧渓の湧き水を使用し、全国的にも珍しい島仕込みの酒蔵としてお酒の製造をされています。元々は高松市栗林公園近くで明治から続く池田酒造を営んでいましたが、水質が変わったためにおいしいお酒を作れなくなり、新しい場所を探していたところ小豆島に行きついたということです。

せっかく小豆島での開業にこぎつけたのにご主人が倒れたりと、いろいろ苦労があったようです。 今は女性3人で切り盛りされていて、商品名や展示の仕方、お店の雰囲気などに女性らしさを感じる酒蔵さんです。開業は平成17年と比較的新しいですが、ぜひ島の酒蔵としてこれからも続いていってほしいですね。
森國酒造 池田翠さん | その船にのって

 

森國酒造 CAFE & BAR
香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010番地1
TEL: 0879-61-2077
森國酒造・カフェ・バー|アクセス案内 - 森國酒造 小豆島で唯一の酒蔵

 

お店を出たところで猫さんに遭遇。 人懐っこくて、カメラを向けるとすり寄ってきました。

ち、近い(;^ω^)

まだ幼い猫のようで、足にまとわりついたりスマホに激突してきたりと、まともな写真がとれず・・・。 


唯一この写真がちゃんと姿を捉えてるかな。写真は諦めて、じゃれてくるのを相手して遊んでから次の場所へと向かいました。

アート作品は数が多すぎてどこから書いていいやら・・・な感じなので、またぼちぼちと載せていきますね!

harenokunikara.hatenablog.com

 

 

こちらの雑誌で森國酒造さんが紹介されています。

 

 

芸術祭で訪れた瀬戸内の島々。こちらの記事もおすすめです!

harenokunikara.hatenablog.com

harenokunikara.hatenablog.com


旅の手ぬぐいの記事はこちらからどうぞ!

harenokunikara.hatenablog.com

harenokunikara.hatenablog.com