晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を起点にした旅行・観光・グルメ情報を発信。ときどき読書記録。

屋外にずらりと並ぶこたつが壮観!総社の「こたつ100個ライブ」に行ってきました

こたつと言えば、本来家の中でぬくぬくするためのアイテム。それを冬の寒空の下に運び、みんなでステージを楽しもう!というのが「こたつ100個ライブ」。そんな斬新なイベントが岡山県総社市で開かれると聞き、面白そうなので足を運んでみました。 

2016年12月17日、総社市役所の駐車場で開催。写真は開演前の17時頃の様子です。

 

すでにたくさんのこたつが設置され、暖を取っている人もちらほら。屋外にこたつがずらりと並ぶ様子はなんともユニーク。

テーブル一つ一つにプログラム内容や会場地図、トイレの位置を書いた紙が貼ってあり、とても親切。こたつの周りに用意された座布団は、地域の方のご厚意で提供されたものだそうです。去年までは座布団がなく、持参するかそのまま座るかだったようで。きっと毎年よりよいものを、といろいろ工夫されているのでしょうね。

 

私たちの選んだこたつ。布団の柄がレトロでかわいい。ダイヤル式のスイッチでかなり古そうなものでした。電源を入れると赤く浮かび上がってちょっと目立ってます(笑)

近くのスーパー、マルナカでお酒とナッツを購入。飲食は持ち込み可なのです。隣にいたグループはみかんを積んで、完全にお茶の間のこたつが再現されていました(*´∀`)

 

子どもたちに取り囲まれるチュッピーに遭遇。

 

こんな感じでこたつに入って開演を待ちます。 

 

出店もいくつか。会場の両端にテントが設置されて、 豚汁や焼きそば、焼き鳥、たこ焼きなどを売っていました。

たこやき8個、300円。

焼き鳥は3本で250円、焼きそばは300円と値段も良心的。 
(写真が暗くてすみません)

 

17:30になると、いよいよステージが始まります。まずはゆるキャラたちがおもてなし。

総社市のマスコットキャラ「チュッピー」は2016年の全国ゆるキャラグランプリで堂々の3位!備中出身の画家、雪舟が涙で鼠を描いたという逸話から鼠のキャラクターに。隣にいるのは吉備の国おもてなし隊の「もも太」。瀬戸内海を旅する海賊レッサーパンダだそうです。

 

チュッピーのツイッターから。「おっきなお茶の間みたい」という表現がまさにぴったり。

 

チュッピーのイルミネーションもありましたよ。

宇野たくろうバンドの皆さんによる歌のステージ。

ライブはバンドや弾き語りが中心です。ポップスとありますが、ほとんどが昭和の歌謡曲。ユーミンや吉田拓郎、井上陽水に演歌まで。

トリの前の片岡聡一さん、実は市長です。

『ひまわりの約束』と『乾杯』を熱唱する市長、素敵でしたよ。チャイナフェスタでは飛び入りでダンスをされてましたね。とても親しみのある市長さん。熊本の地震のときにはいち早く支援物資のルートを確立されたりと、行動力抜群です。

www.harenokunikara.net

 

最後のステージの前にペンライトと歌詞が配られました。

フィナーレは出演者もお客さんもみんな一体になって、『あの素晴らしい愛をもう一度』を大合唱。ペンライトを振りながら。

終始昭和のゆるさいっぱいでしたが、そこがまたいいのです(*^^*)

 

このイベント、震災の年の2011年に始まったそうです。全国でイベント自粛ムードが漂う中、総社市は初夏にチャリティイベントを行い、冬にこのこたつライブを開催することを決めたとのこと。こんな思い切った企画を通してしまう総社市、すごいですね。

 

近隣からのクレームも中にはあったようで、今年は場所を変えもう少し縮小しようかという市長からの提案に、せっかく今までやってきたのだから今年もやはり市役所前で!という声が上がり、実現に至ったそうです。ほっこりしつつも熱いイベント、ぜひこれからも続いていってほしいです。運営に携わった関係者の方々、本当にお疲れさまでした!

 

イベント概要はこちらをどうぞ。

総社観光情報 - 【SOJAイルミネーション2017~キラメキの祭典inそうじゃ~】... | Facebook