読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

アートの島の玄関。宇野港周辺の見どころを紹介!

岡山県内日帰り旅。
今回は宇野港です。

宇野港は岡山県の中南部、玉野市にあります。
ここから小豆島や直島、高松へのフェリーが出ていて、いわば海の玄関。

 

宇野港のアート 

直島といえばアートの島で有名ですが、ここ宇野港にも、直島ほどたくさんではないけれど、ぽつぽつとアートスポットがあります。

 

まずは、最寄りの宇野駅からすぐの駅東倉庫。

 

ekitosoko

 

広い倉庫の中に、アトリエやギャラリーがあり、何人かの作家さんが活動をされています。見学には予約が必要なところも。オープンアトリエやワークショップなどのイベントもあるようです。

駅東創庫 Gallery Minato 


予約はせずふらっと行ってしまいましたが、週末だったからか発泡スチロールアートの作家さんがいらっしゃって、作品を触らせてもらうことができました。

 

発泡スチロール製の紙飛行機?のようなものを飛ばしてみたり、ライターで火を付けると明かりがついたり、と体感型のアートも楽しめました。

 

続いて、宇野港周辺の広場を散策。

2013年の瀬戸内国際芸術祭での展示作品がいくつか残っています。

 

「船底の記憶」

古い船の部品や、不要になった鉄製品を組み合わせて作られたもの。

hunazoko-no-kioku

 

「宇野のチヌ」

ゴミや漂流物でできたオブジェ。チヌとはクロダイのことだそう。

uno-no-chinu

 

渋川海岸 

点在する作品と海を眺めて、さらに車で移動。渋川海岸へ。

 

向こう側に見える砂浜は、夏には海水浴場としてにぎわい、日本の渚100選にも選ばれているそうです。

shibukawa-kaigan

 

最近では、ここでドラマ「流星ワゴン」のロケも行われました。

のどかな港町の風景。瀬戸大橋も見えます。

shibukawa-port

 

ここからさらに王子が岳を目指します。

途中、海の見えるレストランでランチを。

 

海辺の創作レストラン~帆風~

hokaze

 

創作ランチ(1600円)をオーダー。

 

chawan-mushi

appetizers

main-dish

 

ちょっと贅沢だけど、海を見ながら、前菜からデザートまで目にも楽しい豪華な料理をいただき満足。

 

dessert

桜の木があり、春にはお花見もよさそうです。

 

また、こちらの2階にはALAPAAPという衣料と雑貨のお店も。

作家さんの作品も置いてあって、お店兼ギャラリーといった感じ。

 

外の入口から行くと、ちょっとしたアートスペースを通り抜けて、店内に到着します。少し入りづらいのですが、時間があればぜひ覗いてみるといいと思います。小さな驚きを得られるはず。

 

*2016年8月追記
去年の秋に児島ジーンズストリートの近くに移転していました。

ALAPAAP | 移転のお知らせ 

 

王子が岳から瀬戸内海を望む 

さて、次の目的地、王子が岳です。
花崗岩の巨岩、奇岩群が見られます。

 

ojigatake

 

 

様々な形をした岩がごろごろと。

中にはユニークなものも。手前にあるのが、にこにこ岩。

nikoniko-iwa

 

ここではたくさんの猫も見かけました。 

同じ模様でペアになる猫たち。

cat1

cat2

 

カメラ目線?

cat3

cat4

 

そして、なんといってもここからの瀬戸内海の眺めが素晴らしいです。

瀬戸大橋や瀬戸内の島々、そして四国まで。

 

晴れていたらもっときれいなのだろうけど、曇り空もまた趣が。

seto-ohashi

 

左側に見えるのが讃岐富士。

四国がこんなに近いとは。

sanukifuji

 

岡山に引っ越して思ったのは、いちばん近い隣県は広島でも兵庫でもなく、香川だということ。テレビも、岡山と香川で同じものが映ります。

 

海を挟んでいて離れてるイメージがあったのですが、県庁所在地のある高松まで、車でも電車でも1時間ちょっとで行けてしまいます。

 

時間に余裕があれば、岡山香川両県をまわる旅もおすすめです。

 

瀬戸内の島々を巡るなら

せとうちスタイル

せとうちスタイル

 

 

瀬戸の島旅 岡山・香川を島はしご 小豆島 笠岡諸島 豊島 直島 日生諸島+27島

瀬戸の島旅 岡山・香川を島はしご 小豆島 笠岡諸島 豊島 直島 日生諸島+27島