晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

夢は必要?第10回岡山ブログカレッジ(#岡ブロ)参加レポート

今月もブログ勉強会「岡ブロ」に参加してきました。前回のレポートに書いたように、ずっと心待ちにしていた生川さんの回。

 

生川さんはファッションが大好きで、それをお仕事にされている方です。なんとなくブログとは結び付きにくいジャンルだなと思うのですが、だからこそどんな話が聞けるのかとても楽しみ。

 

生川さんとは同じ三重県人。さらにお互い海外在住経験があることから、多くを語らなくてもわかりあえる雰囲気を勝手に感じているんですが、違ってたらごめんなさいw

 

テーマ:ブログじゃない想いで道は開ける

講師:生川さん (2018年2月18日開催)

 

岡ブロって何?という疑問を持たれた方は、こちらをお読みくださいね。

estpolis.com

 

 

生川さんの講義を聞いて感じたこと

 

生川さんの人となりは、初参加レポートや他の方のレポートを参考にどうぞ。

(雑ですみません!でも初参加レポートに私の愛が詰まっていますw)

 

見えないものに価値がある

今回強く感じたのはこの一点。「見えないものを与えている」というのは、生川さんのいいところとして別の方が言われたことです。そして、講義全体のキーワードだった「想い」も目には見えないもの。

ファッションは見た目をよくするもの。なのに、その先にあるものは目に見えないものなんだというのが新たな視点でした。

 

・ファッションの悩みが解決する<お客さんのメリット>

→誰かと一緒に出掛けたくなる →大切な人と時間を共有する機会が増える

・服が売れる<お店のメリット>

・役に立てて嬉しい<生川さん自身のメリット>

 

生川さんはこれを「win win win win win」とおっしゃっていましたが、私は近江商人の哲学である「三方よし」を思い出しました。

全国に商売を広げ、商い上手として知られる近江商人は、各家庭にそれぞれ家訓のようなものがありました。その一つが三方よしで「売り手よし、買い手よし、世間よし」という考え方です。

 

最後の「役に立てて嬉しい」は生川さん自身のことかもしれませんが、誰かの役に立つということは結局、世間の役に立つということなんですよね。

初めて生川さんに会ったときに実は三方よしの話をしていたんです。ご本人が意図していたかはわかりませんが、私はここで繋がった!と思いました。

 

生川さんが店長をされているイオン岡山のthe PARKのブログも覗いてみてくださいね。ファッションに悩みのある方は、ぜひ一度行ってみるといいですよ。

theparkokayama.hatenablog.com

 

ブログの勉強会なのに、「ブログは別に必要じゃない」なんて言ってしまうのがまた岡ブロらしい。

 

次の夢が見つからない

ありがたいことに、自分のこれまでの夢は全て叶っていました。

 

10代の夢 海外留学すること 

20代の夢 中国語と英語を使って仕事をすること

30代の夢 好きなところに移住すること、パートナーと一緒に暮らすこと

 

夢を実現してしまった私には、次の夢が見つからない。今回、参加者の皆さんの好きなもの、やりたいことに対する情熱を目のあたりにして少し寂しくなりました。

でもだからといって、焦っているわけではありません。また夢が見つかったら、動くだけ。やるかやらないか、ただそれだけ。それがわかっているから今は夢と呼べるものがなくてもいいやって思えるのです。

 

しいて言えば、今やりたいのは日々を大切に生きること。毎日を楽しく過ごしたい。好きな人に会いに行き、時間を共有し、おいしいお酒を飲みたい(笑)

そして、どうやって夢を叶えてきたのかを伝えていくことも一つ。これは岡ブロで近々実践する予定です(*´ω`)

 

追記:2018年9月、第17回岡ブロで講師をしました!

www.harenokunikara.net

 

今回も一杯飲んでから参加しましたw

ハワイアンカフェマハロのヌードルプレート。うまし。

 

岡ブロでの偶然の出会い

今回は一つ、とても驚いたことがありました。参加者の中に、以前たまに読ませてもらっていた中国関連サイトの運営者の方がいらっしゃったのです。東京から、というか普段は海外に住まれていて、帰国のタイミングと岡ブロの開催が重なったから来られたとのこと。

リストのお名前になんか知ってる気がすると思っていたら、自己紹介を聞いてピンときました。まさか岡山でお会いできるとは。本当にびっくりです。

 

この出会いがきっかけで、DASHiさんが運営する海外旅行情報サイト「わーとら」に台湾居酒屋巡りの記事を寄稿することになりました。

c-study.net

 

「偶然」には意味があると思っていて、私が情熱を注いできたものは、やっぱり中国語なんだろうなと思わずにはいられませんでした。でも、言語はツールでしかない。語学+αの何かがないと価値は生まれない。

 

自分にしかできないことを探す

皆さんの参加レポートを読みながら、ふと思いついたことです。相手の想いを引き出し、それが伝わるように言葉をまとめる。そうすれば自分にしか書けない記事が書けるかもしれない。

 

「言葉に想いが乗っている」

これは生川さんが私のブログを読んで言ってくださったこと。何より発する「言葉」を大切にしているので(語学が好きなのもそのせいかも)、そんな風に感じてもらえて嬉しかったです。

 

私は書くことを仕事にしようとは思っていません。だけど書くことは確実に仕事のスキルアップになるし、表現力を上げることは語学力の向上にも繋がります。だからブログはこれからも緩く続けていきたい。

 

師匠、ことトシさんが私のモヤモヤに対する答えをつぶやいてくれていた。

さすが師匠w 今の自分には小さく燃え続けてる方がしっくりきます。

 

さらに後日、忘れていた夢を思い出しました。

www.harenokunikara.net

 

生川さんが「想い」を持ち続けて道を開いたように、ブログを続けることでこれから起こる変化が楽しみです。 

というわけで、岡ブロにはまたときどきふらっと参加します!このブログを読んでくださっている方とも、どこかでご一緒できるといいですね。

 

次回開催

次回の岡ブロはメイン講師を立てない雑談形式の会。

2018年3月18日開催
テーマ:新しいプロフで読者のハートをキャッチ!

 

残席あと1だそうです!(2018年3月11日現在)

estpolis.com

 

今回の参加者の皆さんのレポートはこちらからどうぞ。

estpolis.com

 

他の回の参加レポート

岡ブロ カテゴリーの記事一覧 - 晴れの国から旅まち巡り