晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

高知の手ぬぐい

旅の手ぬぐいコレクション。今回は高知編です!

 

「ミョウガ」

高知はミョウガの生産量が日本一。今回買った中でいちばんのお気に入りです。ミョウガは甘酢に漬けるとピンク色になることから、この色にしたそうですよ。実際はもう少しオレンジがかったピンクなんですが、写真だとわかりづらいですね。

 

オンラインショップで色を確認できます。他の柄も見られますよ。

▼楽天でミョウガ手ぬぐいを購入▼

土佐旅福 土佐手拭い各種

 

「酢みかん」

柚子やダイダイなど果実を食べるのではなく、搾りかけて使う柑橘類のことを高知では「酢みかん」と呼ぶそうです。

 

ちなみにこの柄、高知出身の作家有川浩さん初のエッセイ「倒れるときは前のめり」の表紙にもなっています。

倒れるときは前のめり

倒れるときは前のめり

 

 

「さかわの歴史と建物 」

佐川の町並みで見られる古い建物。柄は渋いですが、淡い色合いがかわいらしい雰囲気に。さかわ観光協会(旧浜口邸)で売っています。

 

ミョウガと酢みかんは「土佐旅福」というブランドから土佐手拭いシリーズとして販売されていて、デザインは30種類も!たくさんあって目移りしてしまいますね。どれにしようかかなり迷いました(;^ω^)

 

土佐手拭いは、土佐旅福の公式ホームページ楽天ショップの他、高知駅前の「とさてらす」、はりまや橋近くの「てんこす」等でも取り扱っています。

軽くてかさばらない手ぬぐいは、旅との相性ぴったり。高知のお土産の候補にいかがでしょうか。

 

▼高知の手ぬぐいを楽天で購入▼

土佐旅福 土佐手拭い各種