読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

岡山と中国の不思議なつながり。黄ニラと鰆を使った手作り【岡山水餃子】で日中国際交流&レシピも紹介!

暮らし

昨年通訳の仕事で知り合った中国人の友人が、一年の任期を終えて帰国することになり、親友親子と一緒に送別会を開きました。

通訳をしたときのことはこちらに書いています。 

www.harenokunikara.net

 

サプライズで友人のために用意したのが手作り水餃子。

suigyoza

黄ニラと鰆(サワラ)を入れて、初めての魚肉餃子に挑戦。鰆の餡は意外でしたが、あっさりしていて餃子によく合います!

 

岡山と中国の意外なつながり

黄ニラも鰆も岡山の名物。岡山では新鮮な鰆が出回っていて、お刺身やタタキにして生でいただくのが他の地方にはない特徴です。黄ニラについてはこちらの記事を参考にどうぞ。

www.harenokunikara.net

 

今回鰆の餃子を作ったのは、友人の旦那さんの地元の話をしたのがきっかけ。彼女の旦那さんは大連の近く、遼寧省の営口市にある鮁(ハツ)魚圏区という海沿いの町の出身。 

ハツ魚圏区 - Wikipedia

新鮮な魚介が豊富で、なんと日本と同じように生の魚を食べる習慣もあるそうです。広い中国、まだまだ知らないことがいっぱい。

町の名前「鮁魚」は中国語でバーユー(ba4yu2)と読み、魚の鰆の意味を表します。岡山と同じように鰆が有名だそうで、餃子の餡に入れることもあるとのこと。魚の餃子なんて食べたことがなかったのでぜひ味わってみたいと思ったこと、そしてニラも一緒に餃子に入れるということを聞いて、黄ニラを使えばオリジナルの「岡山水餃子」ができるじゃないか!と盛り上がり、彼女に内緒でサプライズメニューとして作ることに。

 

まさか中国の小さな港町と岡山の鰆が繋がっているとは思ってもみなくて、人との出会いというのは本当に面白いものだなと。実は半年前に通訳の仕事で会ったあと、岡山駅の地下街で偶然ばったり再会したこともあり、彼女とは不思議な縁を感じています。

 

皮から手作り。薄力粉で作るのが本場流

さて、こちらが包む前の餡。料理上手な親友のお母さんは瀬戸内海の豊島の出身。鰆を一匹豪快にさばいてくれて、このままでも十分おいしくいただけます。お酒のつまみにぴったりで、呑兵衛な私たちは夕方明るいうちから飲みながら作ってましたよ(*‘∀‘)

中国人の友人のアドバイスで、皮は薄力粉だけで作りました。柔らかすぎて失敗しないか不安でしたが、水加減がちょうどよく、生地を延ばすのも包むのもいつもよりスムーズ。

茹であがった餃子はこの通りつやつやモチモチ!今まででいちばんのできかも。そろそろ職人としてやっていけるかな(笑) 

 

一緒に味わってほしい餃子湯

日本で水餃子といえば味の付いたスープと一緒に出てくることが多いですが、本場中国では茹でてそのままお皿にあげたのを、黒酢などお好みのたれを付けて食べるのが一般的です。

さらに「餃子湯(jiao3zi tang1)」といって、餃子の茹で汁を最後にいただきます。日本の蕎麦湯と似ていますね。何も調味料を入れなくても餃子からいい出汁が出て、優しい味わいに。これがなんだか癖になるのです。

 

手作り水餃子のレシピ

以前料理教室で紹介した豚肉の餃子の作り方を書いていますが、餡の具材を黄ニラと細かく刻んだ鰆に変えて作ればOKです。味付けには適量の塩と熱した油を少量加えるそうです。醤油やごま油などお好きな調味料を使ってもらってもかまいません。今回は多めの薄口醤油でたれがなくても食べれるぐらいに仕上げました。

他にもシャキシャキとした食感を楽しめるレンコンと豚肉の餡や、ニラと炒めた卵でシンプルな野菜餃子を作ってもおいしいですよ。いろいろアレンジしてみてくださいね。

材料(約50個分)

  • 小麦粉(薄力粉) 500g
  • 水 300㏄

豚肉餡

  • 豚ひき肉 400g 
  • セロリ 1本
  • 醤油 大さじ1/2
  • ごま油 大さじ1

または鰆餡

  • 鰆 400g
  • 黄ニラ 2束
  • 薄口醤油 大さじ2と1/2

たれ

  • 醤油 適量  
  • 酢 適量
  • ニンニク お好みで  

作り方

  1. 小麦粉をボールに入れ、水を少しずつ加えて菜箸で軽くかき混ぜる。
  2. 全体に均一に混ざったら、板などの上に移しよくこねる。ある程度まとまったら濡れ布巾(ラップやキッチンペーパーでもよい)をかぶせ、10分以上寝かせる。
  3. セロリは筋を取り、茎と葉を縦に切ってからみじん切りにする。
  4. 豚ひき肉、きざんだセロリをボールに入れ、ごま油、醤油を加えて手でよくこねる。
  5. 寝かせておいた生地をさらに練って、きめ細かなすべすべの状態にする。
  6. 生地を3~4等分に切る。棒状に伸ばしてから直径2㎝核に切る。(形が均一になるように棒状の生地を回転させながら切る)
  7. ひとつずつ手のひらでつぶし、綿棒で平らに伸ばす。(左上部をつまみ、手前に回しながら外側を薄く、中央が厚めになるように。)
  8. でき上がった皮で餡を包む。
  9. 大きめの鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、包み終えた餃子を強火で茹でる。
  10. 餃子が浮き上がり皮が透き通ってきたら、すくって取り出して酢醤油などでいただく。

 

皮の作り方はこちらの動画がわかりやすいです。

動画では小麦粉に水を一気に加えていますが、慣れないうちは少しずつ様子を見ながら入れるのがコツです。特に薄力粉を使う場合、柔らかくなりすぎると扱いが難しくなるため、ちょっと固めなぐらいの方が失敗しにくいですよ。 

 

ウー・ウェンの小麦粉料理 餃子 春巻 焼売

ウー・ウェンの小麦粉料理 餃子 春巻 焼売

 

 

 

鰆のタタキが食べれる居酒屋を紹介。

www.harenokunikara.net

 

中国のおいしいものや国際交流のこと。こちらの記事もおすすめです!

www.harenokunikara.net

www.harenokunikara.net 

www.harenokunikara.net

とれたて新鮮!「船出」の豪快お刺身ランチ【真鍋島】日帰り旅行記②

旅行記 岡山-備中 レストラン/居酒屋 島めぐり

猫の島、真鍋島の魅力は猫だけじゃない!ということで、おいしい新鮮な魚介がいただける、港近くの食堂「船出」を紹介します。 

前回の猫編はこちらからどうぞ。

www.harenokunikara.net

 

食事をするなら予約がベター

島で食事ができる施設は限られています。笠岡市の観光情報によれば、4軒のみ。そのうち海鮮料理を提供しているのは、今回紹介する「船出」ともう1軒「漁火」というお店。

参考:真鍋島|またたび笠岡。[笠岡市観光連盟]

漁火は完全予約制で、一人5,000円~と船出よりもお高めです。船出は予約必須ではないですが、席が少なくすぐにいっぱいになってましたし、家族で切り盛りされ食事の提供に時間がかかるため、確実に食べるなら予約を入れた方がよさそうです。もちろん時間はかかる分、丁寧に作られた料理がいただけますよ。

漁火は民宿も営業されているので、泊まりでゆっくり食事を楽しむのもいいかもしれません。

 

朝とれたばかりの魚を活け造りに

午前中猫を探して散策していたところ、船出の前で魚を仕入れてきたお店の人に遭遇しました。 見てください!この立派な鯛!!

開店時間の11時に行ってみましたが、まだ食事の準備はできていなくて、12時ぐらいなら大丈夫とのお返事。それまで猫を眺めたりしながら待つことにしました。

 

お店はこじんまりとしています。入ってすぐテーブル席があり、奥にお座敷があります。私たちは5人で訪れたので、お座敷に通してもらえました。  

田舎のおばあちゃんちに来たみたい。

 

メニューは煮魚定食が1500円、刺身定食は1500円~3000円で、その日とれる魚の種類や大きさによって値段が決まります。他にラーメンやうどんもありました。

 

さて、席に着いてしばらくするとお刺身が運ばれてきました。これは明らかにさっきの鯛ですね!!

これで3人分です。見事な活け造り!まだ口がパクパク動いています(;'∀')
手前に並んでいるのはアワビですかね??豪華すぎます。

 

リーズナブルでボリュームたっぷり

刺身定食についてきた品々。野菜の天ぷらにサラダ、魚のから揚げとこれだけでもけっこうお腹いっぱいになる量です。お味噌汁には鯛のあらが入っています。贅沢。 

意外と地味においしかったのがワカメ。香りがよくて新鮮で、和えてあったぽん酢がまたさっぱりしていて箸がすすみます。そして、ワカメと煮付けの脇に隠れているのがナマコだったりして、またびっくり。これだけの食材が使われていて、一人2000円でした。安い!!大満足です。

 

店舗情報

食事処 船出
岡山県笠岡市真鍋島4060
TEL: 0865-68-3900 
船出|グルメ・お土産|またたび笠岡。[笠岡市観光連盟]

小さな食堂のため、食事をメインに真鍋島に行くならやはり予約がおすすめです。

真鍋島の港からも近く、新鮮な魚をお手頃価格で召し上がっていただけます。その日の朝に店主自ら穫った魚の種類でメニューを決めているので、どんな魚が出てくるかは、当日のお楽しみです。「刺身料理などは、事前に予約をすれば、お待たせすることなくお食事をご提供できます」とは女将さんから。
船出|グルメ・お土産|またたび笠岡。[笠岡市観光連盟]より

猫好きさんもそうでない方も、旅の候補に入れてみてくださいね。
次回、島の観光&アクセス編に続きます!

 

▶真鍋島周辺の宿を探す

【楽天トラベル】総合旅行予約サイト
じゃらんnet

 

岡山や瀬戸内海のグルメを紹介。こちらの記事も合わせてどうぞ!

www.harenokunikara.net

www.harenokunikara.net

www.harenokunikara.net

気ままに過ごす猫たちに癒される!猫の島【真鍋島】日帰り旅行記①

旅行記 島めぐり 岡山-備中

岡山の猫の島として有名な真鍋島。猫好きとしては、以前からぜひ訪れたいと思っていた場所でした。もうすぐ帰国する中国人の友人が、日本を離れる前に一度行ってみたいということで、念願叶って一緒に旅してきました。

 

目次

 

真鍋島へのアクセスは笠岡港から 

真鍋島(まなべしま)は岡山県笠岡市にある笠岡諸島の島の一つ。お笑い芸人「千鳥」の大悟の出身地、北木島(きたぎしま)の隣にあります。

笠岡市は岡山の西の方にあり、広島県の福山市と隣接しています。岡山駅からだと電車に乗って45分程で到着します。笠岡港から真鍋島までさらに約1時間の船の旅。時間をかけてでも行きたい、のどかな風景と思い思いに過ごす猫たちに癒される島でした。

 

真鍋島への行き方についてはまた別記事にまとめる予定ですが、まずはこちらを参考にどうぞ。

アクセス|またたび笠岡。[笠岡市観光連盟]

 

真鍋島の猫たち

本浦港で歓迎を受ける

港に着くと早速第一猫さんがお出迎え。 ようこそニャー。

近くにやってきて観光客の注目の的に。

友人が持っていたビニール袋が気になるようで、足元で物欲しそうな様子。

なんかちょうだいニャー。

人馴れしていて、撫でても逃げません。 

 

港周辺を歩いて猫探し

港のそばには手作り感あふれる案内看板。 

メイン通りらしき道を進みます。自動販売機の向こうに第二猫さん発見。

はちわれ模様の白黒猫さん。同じような模様の子をこのあとたくさん見かけました。

少し歩くと、建設資材が置いてある中でくつろぐ子も。

日向ぼっこでしょうか。皆なんだか落ち着いてます。

 

民宿にいた美人猫さん

港から路地に入り、うろうろと島内を探検。 

神社の鳥居を過ぎたところで、今度は美人な三毛猫さんに遭遇。

木の板の上で、ちゃっかりすまして座ってます。モデルさん気質。  

民宿「漁火」さんの看板猫なのかな? 

ちょっと警戒心高めで、友人のお母さんが触ろうとしたら、わりと本気な猫パンチが飛んできました(;'∀') 

壁の上にぴょんと飛び乗ってこちらの気配を伺ってます。

 

仲良し兄弟

港の方に一旦戻ります。ベンチの上で丸くなる二匹。

さっきとは反対側へ歩いてみると、キジ白さんがいました。

ごろん。警戒心ゼロ。 

もう一匹やってきました。兄弟かな?

二匹して友人の足元へ。

両側からがっちりガード(笑) 

片方が堤防に登ると

もう1匹も真似して登ってきました。やっぱり兄弟っぽい。 

仲良し。何を話してるんだろう?

そして適度な距離を取ってまったり。 

港に着いてからそんなに距離歩いてないんですけど、猫を見てるだけで全然飽きませんね。

 

朝の集会に遭遇 

ベンチでくつろいでいた二匹は、なぜか空き缶のごみ箱寄りでかたまってます。

そこへ先程港で出迎えてくれた猫さんがやってきました。

お尻の匂いをくんくん。

「どうだ調子は?」

「ぼちぼちです、兄貴。」的な図。 

向こうの路地からまた1匹。

あっという間にわらわらと集まってきて、集会が始まってました。 

白黒模様の二匹も兄弟っぽいですね。尻尾の立て方までそっくり。

第一猫さんは一段高いところに。いかにもボスっぽい貫禄があります。

右の二匹に注目。尻尾をクロスさせてます。かわいい。

頭をすりすり。ここでも朝の挨拶。

何度も言うけど、もうずっと見てられます(笑)

 

少しみんなとは距離を取ってる猫も。

 

平和な朝の風景。

そしてこのボスの落ち着きっぷり。 

 

円福寺の案内猫

再び島の路地を歩いて、円福寺という真言宗のお寺を目指します。

階段の上から、猫さんが下りてきました。

ずんずんと近くにやってきてお出迎え。

ニャー。何してるの?

黒猫さんも寄ってきました。 

二匹がお寺まで案内してくれましたよ。 

ゆっくりしてってニャー。

後ろ姿が哀愁漂ってます。

 

小学校の門のそばで出会ったアメショっぽい子。ニャーと言いながらすり寄ってきたり、ごろんと寝転んだり、おもてなし上手な人懐こい猫さんです。

路地の向こうから声が聞こえると思ったら、こんなところに。

 

おわりに

評判に違わず、猫好きにはたまらない島でした!が、真鍋島の魅力は猫だけじゃありません。数は少ないですが、近海で採れた新鮮でおいしい魚をいただけるお店もありますよ。

次回、ランチ編に続きます!

www.harenokunikara.net

 

瀬戸の島旅 岡山・香川を島はしご 小豆島 笠岡諸島 豊島 直島 日生諸島+27島

瀬戸の島旅 岡山・香川を島はしご 小豆島 笠岡諸島 豊島 直島 日生諸島+27島

 

 

 

猫に会える瀬戸内海の島々。こちらの記事もおすすめです!

www.harenokunikara.net

www.harenokunikara.net

www.harenokunikara.net