晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

昭和レトロな商店街でおいしいうどん。倉敷デパート/ふじ心

鶴形にある「倉敷デパート」。何度も倉敷に訪れている人でも、ここはあまり知らないのではないでしょうか?

 

レトロな雰囲気がたまらない倉敷デパート

まずは写真をご覧ください!

倉敷デパート

futaba

どうです?この昭和感。

yakko

出前用カブも渋い。相当年季が入ってます。

cub

 

ふじ心はお酒が飲める夜営業のうどん店

今回紹介するのは、こちらの倉敷デパートの一角にあるうどん屋さん、ふじ心。
カブの置いてあった通りの奥の方にあります。

fujishin

はきもの店のさらに奥がふじ心の看板。

職場の社長おすすめのお店ということで教えてもらったのですが、ここは知らないとなかなか来れなさそう(;^ω^)

 

kurashiki.keizai.biz

 

記事の中にもあるように、うどんは店主さんこだわりの手打ち自家製麺。そして、化学調味料無添加の自家製出汁を使われています。

udon

別のお店で飲んだあとの〆に食べたのですが、あっさりしたスープでつるっと完食。

oden

一緒に行った友人曰く、おでんの出汁が絶品!とのこと。大変気に入ったようでした。

 

12月半ばまではセルフでお昼も営業されていましたが、今は夜のみの営業になっているのでご注意を。うどんは注文後、席まで持ってきてもらえます。

深夜まで営業されていて、お酒に合う単品メニューもあり、「うどん居酒屋」としての利用もできるそう。大好きな芋焼酎「島美人」が置いてあるところも、個人的にポイント高いです(*´ω`)

 

ふじ心への行き方

倉敷駅から駅前の大通りに出ると、左手にすぐ中国銀行があります。その手前にBIOS(ビオス)と書いたアーケードの入口が見えるので、商店街に入りそのまままっすぐ進みます。アーケードを抜けて、左側歩道に屋根の付いた通りをしばらく歩くと、右手にトマト銀行が見えます。その向かい側ぐらいが倉敷デパートの入口です。そば屋やっこや、焼肉万水のある通りの奥の方です。(駅から徒歩約10分。)


初めてだとかなりわかりにくいと思うので、迷ったらお店に直接お問い合わせくださいね。

 

Facebookページ:
https://www.facebook.com/udon.fujishin/