晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

上質な料理とお酒、落ち着いた空間。田町のsobabar(蕎麦バー)水谷

蕎麦とお酒を揃えるバー。〆に蕎麦を食べるのもよし、蕎麦をあてにお酒を嗜むもよし。そんなコンセプトが面白い、sobabar(蕎麦バー)水谷が岡山市北区田町にできたことを知り、友人を誘って訪れました。

 

 

繁華街から少しはずれた知る人ぞ知るバーという雰囲気 

sobabar-mizutani

sobabar水谷のある田町というエリアはいわゆる夜のお店が多い繁華街。なのですが、田町の中でも北のはずれの方にあり、夜は少し薄暗い通り。知ってる人でないとあまり気付かないかもしれません。

 

 

路面電車の田町電停から徒歩数分、岡山駅から1㎞ちょっとの距離なので、20分ぐらいぶらぶらと町を散策しながら歩いてみても。

もう少し南へ行くと、タイ料理バンコクがあり、そちらの方が賑やかなエリアです。

 

counter

店内はバーらしく、L字型のカウンター席。目の前に蕎麦にもお酒にも合いそうなおばんざいが並び、向こうの棚にはお酒の瓶がたくさん。

various-obanzai-dishes

 

てっきりカウンター席のみだと思っていたら、2度めに来たときに奥にテーブル席が一つあることを知りました。グループの場合は予約が安心です。

table


sobabar水谷がオープンしたのは2018年7月。幸町にある岡山市で人気のそば処水谷の姉妹店なのだそう。

蕎麦はもちろん、小料理屋を営んでいたという女性店長さんが作るおばんざいは、どれを食べても間違いなくおいしい。お酒が飲めなくても、料理と空間をきっと楽しめるはず。

 

上質なお酒のおいしい飲み方を知る

とりあえずの1杯めはハイボール。 

whiskey

ウイスキージンだけでも数種類置いてあって、そこはさすがバーという感じ。メニューに書いてあるのは一部だけなので、好みを伝えて何がいいか相談してみるといいですよ。

最初に行ったときは、蕎麦に合うお酒というざっくりしたオーダーに、北海道の地酒を出してもらったりも。

相手はお酒のプロだからこそ、こんな飲み方があるんだとか、このお酒ってこんなにおいしんだっていう新たな発見ができるのが、バーへ行く醍醐味ですね。

 

私はこのお店でジンのソーダ割にはまりました。すだちを少し絞ってさっぱりと。京都のクラフトジン、季の美

gin-Kinobi

ジンといえばベルモットで割ったマティーニや、トニックウォーターで割ったジントニックが有名ですね。ソーダ割だとジンそのものの香りがより引き立つので、こんなに豊かな香りがするものなのか、と驚きました。

ジンってハーブやスパイス、柑橘類の皮を使って作られるのだそうで。スパイスやハーブは大好きだし、ジントニックの甘さがどうも苦手だったので、ソーダ割を飲んでみてジンの印象ががらっと変わりました。

 

gin-Sakurao

sobabar水谷では、日本のクラフトジンが飲めます。つい先日、3度めの訪問の際は広島の桜尾というジンをソーダ割で。友人のはノンアルコールカクテル。種類は少ないということでしたが、リクエストすると作ってもらえました。

 

桜尾は広島県産の柑橘を使って作られたジン。グラスに口を近づけてみると、さわやかでアロマティックな香りがふわっと漂います。  

SAKURAO GIN ORIGINAL [ ジン 700ml ]

SAKURAO GIN ORIGINAL [ ジン 700ml ]

  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: 食品&飲料
 

 

それからもう一つ知ったのは、ウィスキーのお湯割りクローブを数粒浮かべること。冬は特に体が温まるし、スパイスが少し入るだけで異国の香りを感じられます。

ホットワインやチャイにも使われるクローブ。常備しておいて家でもやってみようかと。

 

器も美しい!岡山の食材を使ったおばんざい 

obanzai

obanzai

カウンターの前に、ずらりと並ぶおばんざい。彩り鮮やかで、栄養バランスもよさそう。季節の野菜や、岡山近隣の食材も使われています。

 

初めて友人と来たときに迷っていたら、盛り合わせにしてもらえました。2019年9月訪問時は3人分。 

assorted-obanzai

 

2019年10月に訪れたときのもの。こちらは2人分。岡山名物黄ニラも。

assorted-obanzai

kinira

 

そしてそして、女性店長さんのセンスなのかな?器がどれも美しいです。赤いコースターに金箔が入った箸置きが、シンプルながら華やかさがあって上品な組み合わせ。

plate

food-on-the-plate

 

お刺身や揚げ物も。 

tuna-sashimi

fried-pork

 

お玉や調理器具と一緒に上から吊るされているのは、吉備中央町にある吉田牧場で作られたチーズ。友人がすかさず見つけてくれました。

cheese-yoshida-farm

表面をこんがり焼いて、少しずつ味わいます。あっさりしていてどんな飲み物にも合いそう。

piece-of-cheese

 

茹で落花生はサービスでいただいたもの。岡山県産だそうです。

peanuts

落花生は塩茹でにして食べるのもおいしいんですよね。中国では定番の前菜。

 

こちらは2021年2月訪問時のおばんざい盛り合わせ。 

assorted-obanzai

コロナ禍に配慮されてだと思うのですが、2人分を取りやすいようきれいに分けて盛り付けされていました。

plate

ホワイトソースのグラタンは取り皿にのせて個別に。このお皿の色合いも素敵。

 

最後はもちろん蕎麦で〆る

〆はやっぱり蕎麦ですね。人気蕎麦店が提供するだけあって、どれを食べても外れなし。

tori-nanban-soba

温かいとりなんばん。

 

蕎麦そのもののおいしさをしっかり味わえる、もりそば。

mori-soba

mori-soba

薬味の盛り付けまで、手を抜かない仕事ぶりが伺えます。

yakumi

 

おろしそばとにしんそば。

oroshi-soba

nishin-soba

個人的には冷たいお蕎麦の方が好み。蕎麦の細かい味の違いはわからないのだけれど、のどごしがよく、麺の味をじっくり感じられるというか。

初めて蕎麦のおいしさに気付いたのが、京都の尾張屋の蕎麦だったのですが、そのときと同じように、ここに来たらまた食べよう!って思える丁寧に作られたお蕎麦でした。

 

3度めの訪問は友人と二人で。同居人以外との外食は久しぶりで、落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりいろんな話をして楽しい夜でした。

コロナ禍以降、すっかり行く機会が減ってしまった大都会岡山を満喫。

 

お酒も料理も空間も、「上質」という言葉がぴったりなsobabar水谷。場所柄、そしてバーという形態から少しお値段は張りますが、程よく気配りのある接客が心地よく、既に3回通っているぐらい、期待以上のよいお店でした。

ぜひ多くの人に訪れてもらい、これからも長く続いてほしいです。