晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

読書が楽しくなる!お気に入りの布で作るブックカバー

久しぶりにチクチクお裁縫。倉敷の商店街で見つけた猫さん柄の布でブックカバーを作ってみました。

一瞬リサラーソンかと思いましたが(;^ω^)

猫さんの表情がなんとも言えず、ゆるさとかわいさにひとめぼれ。

 

作り方はこちらのページを参考にしました。ほぼ真っ直ぐ縫うだけのシンプルなタイプ。

布製ブックカバーの作り方|差し込みタイプ

うちにはミシンがないため手縫いですが、なんとか形になりました。布を切るときは、型紙を使ってチャコペンなどで印を付けておくとやりやすいです。型紙はいらないチラシとかで十分です。

返し口の縫い方がわからない場合は、こちらをどうぞ。

~*コの字綴じの方法*基本の縫い方~ : 超!裁縫初心者でも失敗しない手作り入学・入園グッズの作り方のブログ

 

違う柄の布を使えばリバーシブルにもなります。今回は他に布がなかったので、同じ柄で。

本の差込口からも猫さんが覗いています(*^^*)

最後にアイロンをかけると、きれいに仕上がりますよ。

 

生地を購入したのは、倉敷えびす通商店街にある「タナカ洋装店」さん。こじんまりとしたお店ですが、品揃えは県下最大だとか。確かに所狭しといろんな種類の布が並んでいました。

タナカ洋装店 - 品揃え県下最大の服地専門店

 

商店街を通って美観地区の方へ抜けられるので、観光のついでにふらっと立ち寄ることのできるお店です。散策ルートはこちらの記事を参考にどうぞ。

www.harenokunikara.net

 

大原美術館側から眺める倉敷川と有鱗庵。

この日、地元の友人を案内するのに美観地区へ来ていました。駅へ向かおうと商店街を歩いていたら、店先に置いてあった布にふと目が留まり、買って帰ることに。ちょうど新しいブックカバーがほしかったので、思い切って自分で作ってみました。ネットで検索すれば意外とできてしまうものですね。

 

今回使ったのは「コットンこばやし」の生地で、上で紹介した猫さん柄はこちら。色違いもあります。

シロクマ柄もキュート。 

 

印付けに、あると便利なチャコペン。

Clover 水性チャコペンツイン ピンク 24-432

Clover 水性チャコペンツイン ピンク 24-432