晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

【尾道】宝土寺の桜と境内にある「さくらCafe」

もう何度も訪れている大好きな尾道の町。読者登録させてもらっているre:structureさんの尾道旅行の記事を読んで、そういえばまだ書いていないとさくらCafeのことを思い出しました。

restructure.hatenablog.com

 

宝土寺の境内にあるさくらCafeは、尾道駅から国道2号線沿いを歩いて10分程。

古い離れか何かを改装した感じで、玄関で靴を脱いであがります。 親戚のお家におじゃまするみたいなほっと落ち着く店内。シンプルなインテリアが素敵です。

窓からは尾道水道まで見渡せますよ。

ランチにいただいたお好み焼き風オムライス。ユニークな広島らしいメニュー。

残念ながら小さいお子さん連れでは入れないのですが、奥にはカウンター席もあり、穏やかな大人の時間を過ごすのにぴったりな空間です。

 

お店のブログを見てみたら、かわいらしい和菓子や焼き菓子の写真がたくさん載せられていました。お茶を飲みながら一休みしても。

 

さくらCafe

広島県尾道市東土堂町9-16

 

定休日は水曜と他の指定日のことが多いようです。

<営業時間>
月〜土 11 : 00 〜 日、祝日 10 : 00 〜 17 : 00( L . O 16 : 00 )

<お願い>
未就学児同伴の入店は、ご遠慮くださいますようお願い致します。

さくらCafe公式ブログより

 

 

境内には大きな桜の木が植えられていて、春は満開に咲く桜がきれい。お店の名前「さくらCafe」もきっとここから付けられたのでしょうね。写真は、2015年4月に訪れたときの様子です。

淡いピンクの中に映えるお地蔵さんの赤いかぶり物。お寺と桜もいいものですね。

外からはカフェと気付かず通り過ぎてしまいそうなので、まだ行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。一歩踏み入れば、尾道らしいゆったりと流れる時間を感じられるはずです。