晴れの国岡山から旅まちめぐり

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山や旅の魅力を発信。ときどき読書記録。

遠い記憶を呼び起こしてくれる旅と夜にまつわるエッセイ。角田光代『幾千の夜、昨日の月』

旅が好きな人には猫好きが多い。私の周りだけかもしれないけど、そんな気がします。 

角田光代さんも例にもれず、旅好きかつ猫好きの一人。飼い猫トトとの日常をブログでも書かれています。

トトほほ日記 角田光代

 

タイトルと猫の絵に惹かれて手に取ったこの本、『幾千の夜、昨日の月』は角田さんの夜にまつわるエッセイです。

ikusen-no-yoru-kino-no-tsuki

大部分が、旅と結びついた夜の話。

実際に猫は出てこないのですが、旅と猫というのは相性がよく、猫好きな人ならきっと読んで損をしないはず。

なぜなら、猫の持つ何かに縛られない気ままさは、旅の孤独と自由に通じるものがあるから。予定をいっぱいに詰め込んだ旅よりも、行き先だけ決めてあとは成り行きに任せるような、時間に縛られない旅を好む人の方が、より共感を得られるかもしれません。

 

角田さんの綴る、いくつもの夜の世界。異国で過ごした夜、合宿の夜、病院の夜や引っ越しの夜。中でも好きなのは、モンゴルのウランバートルを起点に、田舎のゲルに滞在したときのことを書いた『まるごと夜』。

 

夜は黒ではなくて灰色だった。灰色のなか、ただ大地が広がっている。

地球にただひとり置いて行かれたみたいだと思った。不思議とさみしくはなかった。

夜、というものが、単なる時間の経過ではなくて、生きもののように感じられた。

 

モンゴルに行ったことはないけど、中国留学中に内モンゴル自治区を旅したことがあります。角田さんと同じように観光用のゲルに泊まり、何もない広大な草原で馬に乗って、地平線から昇る朝日を眺めたりもしました。

そしてさらに思い出すのは、黄河の上流の町、蘭州や、そこから車で数時間かけて行った臨夏や夏河という田舎の町。

 

忘れていた遠い旅の記憶を呼び起こしてくれる、「大地」という言葉。海に囲まれた小さな日本では、なかなか「大地」という言葉がしっくりくる場所には出合えません。

 

列車の窓から見た果てしなく広がる黄土高原の大地。

「大地」と聞いて思い浮かぶのはそんな光景。どこも学生時代じゃなきゃ行けないようなところで、再び訪れることなどもうないのかもしれない、とさえ思います。

 

たとえもう一度行けたとしても、あの頃と同じようには感じられないのだろうな。懐かしいというよりは、二度と戻ることのない時間なのだという事実に、はっとさせられ、少し寂しくもなりました。

 

旅は、人生に彩りを与え、感性を豊かにしてくれるもの。 思い出すその時々で違った様相を見せてくれます。この本を読んでいると、旅の魅力を再確認することができます。そして、ふらっと海外に行きたくなります。

 

文庫版では、大好きな西加奈子さんが解説を書いていて、それを読むのもまた楽しみの一つ。プライベートでも親交のある西さん曰く、角田さんは「みんなのおばあちゃんみたいだし、小さな女の子みたい」だそうです。

 

 

幾千の夜、昨日の月

幾千の夜、昨日の月