晴れの国から旅まち巡り

岡山に移住した三重県人によるブログ。岡山を中心に旅やグルメの記録を発信。

【2019年10月北京旅行記12】展望台から望む故宮は何度見ても美しい!什刹海から景山公園へ

雨儿胡同を突き当たりまで行くと、柳並木と水路が見えてきます。ここからさらに什刹海(シーチャーハイ)まで歩いてみることにしました。什刹海は前海(チエンハイ)、后海 (ホウハイ)、积水潭(ジーシュイタン)の3つの湖に面した風光明媚なエリア。

 

南側の北海公園を含む、南海、中海、北海を前三海、什刹海を后三海と呼んだりもするそうです。

 

 

雨儿胡同から前海まで続く水路沿いの柳並木

南锣鼓巷の混雑を避けて歩いた雨儿胡同の突き当たりに出てきました。

門の先には風情のある柳並木。

橋を渡って右へ曲がり、水路沿いの拐棒胡同(グァイバンフートン)を北西の方向に進むと、前海まで出られます。

 

雨儿胡同から400m程の道のり。目的地は前海にかかる金錠橋に設定しています。

住所: 北京市西城区前海东沿中段

高徳地図リンク: 金錠橋

 

什刹海の辺りはあまり下調べしていなかったので、こんなきれいに整備された遊歩道があることに驚きました。  

 

什刹海は伝統建築やバーが集まる水辺の人気スポット!湖面がキラキラと輝く前海沿いでしばし休憩

什刹海も南锣鼓巷と同じく人気のスポットで、中国の古い建物や茶館、おしゃれに改装したバーなどが多く集まっています。

柳の遊歩道は中国の古い建物のデザインを生かしながら、現代のおしゃれな雰囲気が漂っていて、ここを歩くだけでも十分北京の良さを満喫できる気がします。

車の走る通りを渡ると目の前に前海という湖が見えてきますよ。この辺りで、中国人の女性から道を尋ねられたのですが、土地勘がなく(;´∀`)

観光客なのでと伝えて、でも地図で現在地を見たらわかるかもと、一緒に高徳地図アプリで確認しました。目的地の近くまで来れていたことがわかって無事解決。

台湾の地下鉄でもそんなことがありましたねw)

 

スマホの電池がなくなってしまって、自分がどこにいるのかわからず、友達にも連絡が取れなくて困ってたそうです。スマホで何でも済んでしまう中国。便利な一面、充電できないとリスクが高いですね。

キラキラと輝く前海の湖面。朝からずいぶん歩いて疲れてしまったので、湖を眺めながら少し休憩。

3つの湖からなる什刹海エリアは、全部見ようと思うと一日あっても足りないのではないかと。カフェに寄ったりしながらまたゆっくりと歩いてみたいです。地下鉄が通っていてアクセスは便利。最寄りは8号線の什刹海駅です。

 

景山公園は市民の憩いの場!ダンスを楽しむ人々も

前海をあとに、バスで景山公園へ。景山公園は故宮のちょうど北側に位置します。観光で訪れる人も多く、バスもいくつかの路線が走っています。

バスが来るまでしばらく待ちましたが、前日の798芸術区から雍和宮までの移動で乗り方は把握していたので、スムーズに乗車できました。

 

バス停によっては地面に路線番号が書かれていて、乗車位置がわかりやすいですよ。ずいぶんとシステム化されていて、私が知っている昔の北京とは全然違う!

高徳地図で路線検索すると、候補が複数出てきます。乗車するバス停は地安門外か鼓楼、降車も東門か西門か路線によって違います。現在地から検索して乗りやすそうなルートでよいかと。 

これは124路バスに乗る場合。地安門外から2駅、約25分。「2站」という青い文字をタップするとバス停名まで出てきます。景山東街で下車、南に少し歩くと景山公園の東1門に到着です。

 

住所: 北京市西城区景山西街44号(故宫后门对面)

高徳地図リンク: 景山公園 

チケット売り場で入場券を買って中へ。入場料は2元(約30円)。 

北京に住む高齢者は入場料が無料だそうで、多くの市民がダンスやウォーキングを楽しんでいました。

公園でよく見かける広場ダンス。動画で撮ってることに気付くとカメラの方にさらにアピール?みなさんノリがよく、とってもキレのいい動き!

 

 

山頂の展望台から眺める故宮はまさに絶景

景山公園に来たら外せないのが、展望台からの眺め。故宮の真北に位置するため、小高い山の上の展望台から故宮を一望することができます。

どの門から入っても、適当に登っていけばだいたい辿り着けるはず……。雑ですみません! 

展望台は大混雑で、ちらっと写真を撮っただけ。それでもやはりこの眺めは最高です!ここだけはズームレンズがあればよかったなあ(;^ω^)

故宮は、初めて北京に来たら必ず行くと言ってもいいぐらいの有名スポット。上から見てわかる通り、とにかく大きいです。思っている以上に遥かに大きい。大陸のスケールは圧倒的です。

故宮と景山公園がセットで観光ルートになっていることも多いのですが、まず疲れます。とにかく歩く距離が半端ない。

なので、景山公園は故宮観光とは別の日に改めて来てゆっくり散策することをおすすめします。

 

南門を出て、故宮の北側を外から眺めました。夕暮れの故宮沿いもなかなかいい雰囲気。

 

さらに東へ向かい、お土産を買いにバスでスーパーへ。

夜はホテルから歩いて行ける、劉宅食府という四合院を改装したレストランに行ってみました。

www.harenokunikara.net